小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

疾患説明

<腰椎椎間板ヘルニア>

 腰椎椎間板ヘルニアは、簡潔に言うと椎間板の一部が正常の椎間腔を超えて突出した状態です。椎間板と突然言われてもなかなか理解しにくいかもしれません。椎間板とは、椎体と椎体の間にあるクッションのことです。椎間板は中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む線維輪から成っており、この髄核や線維輪の一部などが突出した状態が椎間板ヘルニアです。多くの動物は脊椎を重力に垂直にして生活しているのに対し、人間は二足歩行であるために脊椎は重力と平行方向となります。このため、立位では椎間板には多くの負荷がかかることにて発症します。
 椎間板ヘルニアは、下位腰椎(L4/5,L5/S1)に最も多く、また、人口の約1%が罹患し、手術をされる患者さんは年間46.3人/10万人という報告もあります。好発年齢は20〜40歳です。
 最新の研究では、腰椎椎間板ヘルニアの発症原因の一つとして遺伝的要素が係わっていると言われています。
 症状は、片側の下肢痛が多いですが、両下肢痛で症状が出現することがあります。下肢痛は、椎間板ヘルニアによる神経根圧迫により生じます。障害された神経の支配領域に一致した感覚障害、運動麻痺を呈することがあります。
 腰痛、特に下肢痛がある場合は、早期に医師の診察とレントゲン、MRI等の画像診断をお勧めします(図1)。現在の医学では、神経を取り換えることができません。今ある神経が傷つく前に治療する必要があるからです。

図1) 腰椎椎間板ヘルニア(L5/S1) MRI画像




 当院での治療は、痛みに対する緩和治療として投薬、硬膜外ブロック、神経根ブロックなど、そして手術として、内視鏡下ヘルニア摘出術(図2)、顕微鏡下ヘルニア摘出術等も行っております。

内視鏡下腰椎ヘルニア摘出術風景(L4/5)



手術の傷は2cm程度であり、右図のようにチューブ内で操作を行います。



ヘルニアにも色々なタイプがあり、また個人の社会的状況の違いもあります。治療方針は、医師と患者さんと一緒に決めていくことがよろしいかと思います。何かわからないことがあったら相談してください。