小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

疾患説明

肩関節の治療 総論 

1 肩ってどんな関節なの?
 肩関節はヒトの関節のなかでもっとも可動域の大きな関節です。肩甲骨の関節面と上腕骨の骨頭が関節を作りますが、骨の接触は非常に小さく“ゴルフのティーとボール”の関係にたとえられます。よく動くかわりにとても不安定な関節で「脱臼」しやすい関節なのです。肩を安定させるために筋肉・腱・靭帯といった軟部組織が骨を覆っています。骨折を除けば、肩の障害はこの軟部組織が傷むことによっておこるのです。


2 外来で行われる治療

 「肩が痛い!」との訴えの中で様々な疾患が存在します。まず、肩関節が悪いのか?頸椎疾患からくる肩周辺痛なのか?内科疾患(心筋梗塞、肺癌など)からの痛みなのか?を判断します。診察にて肩関節に障害がある場合、X線撮影を行い骨形態・病変を調べます。さらに筋・腱などの異常が疑われる場合はMRI検査などを追加します。これら検査により病態(何が原因なのか?)を把握できます。
 治療は肩に起きている炎症を抑えるために、内服薬や関節注射などを行います。前述した検査で大きな異常所見がある場合、手術的な治療が必要になる場合もあります。スポーツ障害の肩痛に多いのですが、肩周囲のコンディション不良が原因のこともあります。このような症例にはリハビリテーションにて機能回復訓練をすることで症状が改善します。


3 「インナーマッスルをきたえると良い!」って言われたのだけどどういうこと?

 肩関節運動時に上腕骨頭が常に関節窩の中心部に位置することがとても重要なことなのです。ちょっと専門的で難しいですね。たとえばコマを回す際に軸が中心からずれているとコマは回転するとき大きくぶれますよね。傷めている肩は動作時の回転中心が大きくぶれているのです。つまり肩を動かす際の回転中心がぶれないようにすることが治療になるわけです。肩関節の深層にある筋腱を腱板というのですが、この腱板が回転中心を安定化させる役割をしているのです。腱板は肩の外側(アウター)でなく内側(インナー)にあるため、インナーマッスルと呼ばれるようになりました。腱板機能を高めてあげる訓練(インナーマッスルトレーニング)が肩関節を安定化させるのです。
  腱板が外傷やスポーツなどで完全に断裂しているときには手術にて修復することが重要ですし、機能低下だけならリハビリで回復させることができます。また腱板のトレーニング方法は専門のドクターまたは理学療法士などに指導してもらってください。インナー(腱板)のトレーニングのつもりでアウターにしか効いていないという人が案外多いのですよ。


肩関節の治療 :代表的疾患

< 反復性肩関節脱臼 >
 
 スポーツや交通事故などで肩を下にして転倒したり、手をついたりして初回の脱臼がおこります。好発年齢は15〜35歳です。ほとんどが前方・下方に脱臼し、重要な支持機構である前下方の関節唇、同部位の靭帯、関節包が損傷されます。肩の形態は“ゴルフのティーとボール”の関係と説明しましたね。ティーの辺縁が欠けると上のボールは簡単に落ちてしまいます。肩がこのような状態になっていると考えてください。特に20歳以下の若者は何度も脱臼を繰り返す確率が高く、80%を超えるともいわれています。この治療方法は基本的には手術をしてティーの辺縁を修復してあげることが重要なのです。


【3-D CTによる肩甲骨関節窩の形態】
・写真左:脱臼により関節窩の前下方の骨が欠損。
・写真右:正常側は洋ナシ型の形状。


 手術方法もいろいろありますが、当院では関節鏡視下バンカート法と呼ばれる手術を行っています。正常な構造物を損傷せずに、脱臼により壊された関節包、靭帯、関節唇、骨を元の位置に戻して修復します。この際、糸のついた特殊なアンカーを数個使用します。(このアンカーは吸収性のものと非吸収性のものがあります。)
  従来おこなわれていた大きく切開(約8cm)する方法とこの関節鏡手術はどちらも5〜10%の再脱臼が報告されていますが、術後の可動域制限は圧倒的に関節鏡手術が少なく、スポーツ復帰率も高くなっています。写真のようにキズは小さなものなので女性からは美容上の面でも喜ばれています。



【手術後1週、左肩】