小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

疾患説明

< 腱板断裂 >

 腱板は肩甲骨と上腕骨をつないでいる4つの筋腱から構成されています。これらが1枚の板状の腱となり肩関節を覆っています。これらの腱は誰でも加齢とともに少しずつ傷んでいきます。よって中高年の方が重いものを持ち上げたり、手を着いたりなど日常生活上の軽微な外力が加わることで断裂することが多いようです。
 断裂直後の典型的な症状は、痛みと自力で腕を挙上できなくなるというものですが、1ヶ月ほどで急性期の痛みがとれて挙上もできるようになることが多いです。ただし断裂した腱が自然につながることはなく、他の筋腱を使って代償的に動かせるようになったに過ぎません。肩より上の高さに腕をあげての動作や、力仕事、スポーツなどに際してはうまく力が入らないことがあります。また夜間痛が特徴的です。整形外科にかかっても五十肩として扱われていることも多く、3ヶ月以上治らないようならわれわれのような専門医を受診した方がよいでしょう。
 MRI検査を行い、腱の断裂の大きさ、年齢、検査での腱の質などにより、手術方法をとるべきか、リハビリなど保存治療でよいのかを判断しています。断裂サイズは年々拡大していき、断裂した筋腱は変性・萎縮していくので適切な時期に手術をすることは日常生活をよりよいものにするために必要です。



 手術による腱の修復は痛み、筋力低下、可動域制限を改善する重要な手段です。






< 五十肩・拘縮肩 >

 五十肩とは肩関節の疼痛と関節可動域制限を主な症状とする疾患で、明らかな外傷やきっかけがなく徐々に疼痛(特に夜間痛)が出現し,肩関節の動きが制限されてくるものを言います。このような五十肩は,痛みの強い時期は注射療法が,痛みが和らぎ関節可動域制限が主たる症状の時期には理学療法が奏功するため,手術に至ることは少ないです。しかし頑固な痛み・可動域制限が継続する人の場合、手術することにより早期の除痛が得られ可動域拡大による日常生活動作が大変行いやすくなります.また五十肩と同様な症状でも,大きな外傷や骨折などに続発する拘縮(外傷性肩関節拘縮)や,糖尿病に合併した拘縮(糖尿病性肩関節拘縮)などがあります。
 手術はすべて関節鏡視下に行ないます.5mm程度の創が2〜3箇所で,硬く厚くなった関節包と言われる関節の一番内側の靭帯を,一周切離する方法です。(関節鏡視下関節包全周切離術)