小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

疾患説明

< 投球肩 >

 野球、バレーボール、テニス、水泳などのオーバースロー動作を行うスポーツで肩の痛みを出すスポーツ障害です。
 小学生・中学生の子供はまだ骨端線(成長軟骨)があり、この部位を傷めると成長障害や遺残変形が残るため検査にて異常がみられれば投球を完全に中止しなければいけません。このような状態をリトルリーグショルダーといいます。



 しかし、このような骨軟骨損傷がないのに肩痛を訴える子供も少なくありません。肩痛の原因は股関節などの下肢、体幹、肩甲帯に起因することが多いのです。治療は理学療法が中心で手術を必要とすることは非常に少ないのです。下半身から全身を使って、投球することが肩痛を予防するポイントです。当院の理学療法士がコンディショニングを整えて、フォームの指導までしっかりサポートします。



 さて高校生から成人の投球傷害で、SLAP損傷といって関節唇という関節の安定化機構が壊れてしまい理学療法の効果が得られない選手がいます。このような場合、関節鏡にて剥離した関節唇(SLAP病変)を切除するか修復するかのいずれかになります.また関節の後方に骨棘(Bennet骨棘)ができるケースもあります。
 これらにも関節鏡手術は非常に有効です。



 以上、簡単に主な疾患の治療方法をご紹介しました。肩でお困りのときは当院で専門的な診察を1度うけられてみてはいかがですか?