小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

疾患説明

変形性股関節症

1 股関節とは?

  股関節は脚の付け根にある関節です。股関節は、人が立ったり歩いたりするときに体重を支える役割をにない、立ち上がり時や歩行時では体重の数倍の重さがかかるといわれています。そして時にはその関節にある軟骨がすり減り、やがて大腿骨頭と臼蓋の骨と骨が直接こすれて骨が変形してくると、痛みを生じます。



2 変形性股関節症

 股関節が痛くなる代表的な病気です。原因として、子供の頃の先天性股関節脱臼の後遺症や、股関節が浅い臼蓋形成不全などが多いですが、加齢により股関節の軟骨がすり減ってしまうことが原因になることもあります。症状としては、立ち上がるときや歩き出す時に、脚の付け根(股関節)が痛み、股関節の動きが制限されるようになります。症状が増悪すると、安静にしているときや寝ているときにも痛みが出るようになります。治療法は、まずはお薬を飲んだりリハビリ訓練をしたりしますが、痛みが強い場合は、人工股関節置換術や骨切り術を行うことがあります。

 

3 人工股関節置換術

 変形性股関節症に対する代表的な手術法である、人工股関節置換術を説明します。 人工股関節置換術とは、すり減った軟骨や傷んだ骨を切除して、金属やプラスチックでできた人工の関節に置き換える手術です。人工股関節は金属製のカップ、骨頭ボール、ステムからできており、カップの内側には軟骨の代わりとなるプラスチックでできたライナーがはまるようになっています。骨頭ボールがライナーにはまることで、滑らかな股関節の動きが再現できます。痛みの原因となるすり減った軟骨と傷んだ骨が人工物に置き換えられて痛みがなくなることで、日常の動作が楽になることが期待できます。 当院でこの手術をした場合、手術時間は1時間程度、入院期間は2,3週程度で、痛みなく安定して歩くことが確認できたら退院となります。