小郡市  整形外科 福岡志恩病院

小郡市 美鈴が丘
医 療 法 人 オ ア シ ス
福 岡 志 恩 病 院
整形外科 リハビリテーション科 麻酔科 リウマチ科

リハビリ室のご案内

リハビリテーション部




理念

『最先端、高度なレベルのリハビリテーションを提供します』

『患者様各々の症状にあわせ、最適な治療・援助を行います』

『心身が有する自然治癒力を最大限発揮できる身体作りをお手伝いします』



整形外科におけるリハビリテーションの役割は、病気をより早く治りやすい状態、すなわち自然治癒力を促進し、社会・職業復帰、 スポーツ復帰のお手伝いをすることです。
そのためには、患部の機能回復はもちろん、全身のバランス能力の改善により患者様それぞれの目標への早期到達、に加え、再発しない身体作りが重要です。
 当院では入院、外来ともに担当理学・作業療法士が専門的な知識・技術を生かし、徒手療法、運動療法、物理療法(電気・機器を用いた治療)、 自主トレーニングの方法までご指導させていただきます。


整形外科におけるリハビリテーションの対象は、大きく以下の3つに分けられます。患者様・主治医との相談により、手術療法・保存療法(手術を行わない方法) のいずれかが選択され、病態に応じたリハビリテーションを行います。


1. 外傷 − 事故や転落による外傷:骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなど
怪我をした当該部位に対する治療が中心となります。骨折部位、手術方法などにより異なりますが、適切な時期に最適な徒手療法、運動療法、物理療法をご提供・ ご指導いたします。


2.変性疾患 − いわゆる使い痛み.長期にわたる不良姿勢・仕事による肉体的・精神的ストレスの繰り返し:椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、肩関節周囲炎 (四・五十肩)、肩腱板断裂、変形性関節症(頚、腰、股・膝関節など)
1.と同様に当該部位に対する徒手・運動療法を行いますが、併せて身体の他部位からの影響を考慮しながら、治療を進めていきます (例:膝が変形して痛みを伴っている場合、体幹(胴体)や足関節に不安定性を有する場合が非常に多い)。このような場合、ご自分での姿勢管理、 自宅でのトレーニングが最も重要になります。


3.スポーツ障害・外傷
a.スポーツ外傷:スポ−ツ中に他のプレーヤーとぶつかったり、転んだり、捻ったり、ボールが強く当たったりすることなど、 原因がはっきりしている偶発的な事故のために身体がダメージを受けることです。部位としては、相手の選手とぶつかった際の膝、 足首の靱帯損傷などが比較的高頻度に起こります。上記の1.と同様のプログラムで進めていきます。
b.スポーツ障害:長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こって生じる障害です。 いわゆる野球やバレーボールなどのオーバーヘッドスポーツによる肩や肘の痛み、バレーボール、バスケットボールの着地時の膝・足の靱帯損傷、 陸上選手におけるすねの痛みなどが代表的な例です。
スポーツにおける身体の使い過ぎを原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。適宜、安静を勧めることもありますが、 並行して障害につながる身体の使い方を再学習するために、他の身体部位の柔軟性、バランス機能の向上を図ることもあります。


当院の理学療法科の特色
当院では入院・外来ともに、理学療法士・作業療法士が担当としてつかせていただきます。
日ごとに患部の動き、炎症の状態、身体の使い方は少しずつ変化することから、局所の小さな変化を患者様にご説明しながら、徒手治療、運動療法、物理療法 (電気・機器を用いた治療)を行います。併せて日常での姿勢管理、動作時の注意点を含め、自主トレーニングをご指導し、より動きやすく、 軽い身体作りのお手伝いをさせていただきます。
これら一連の過程の中で、同じ症状の再発、もしくは他の部位に症状・怪我を再発する可能性を最小限に抑えることが重要です。
当院では、ご自宅で行っていただくトレーニング、姿勢管理に特に力を入れてご指導させていただきます。


≪リハビリテーション室全景≫







内容
1.徒手療法・運動療法
関節の動きを悪くしている原因となる部位の微細な関節の動きを徒手的にセラピストが操作し、筋肉のストレッチング、関節可動域運動、筋力増強運動、 協調性の改善を行います。またスリングという天井に固定したコードを用いて、より疼痛が少なく、効率的なトレーニングを実施できます。
そして、実際に立った状態での動作方法の指導、バランストレーニングなども並行して行い、疼痛がなく、より軽い身体づくりをお手伝いさせていただきます。

≪スリングセラピー≫



≪バランストレーニング≫


2.物理療法
温熱・寒冷・牽引・電気などの物理的刺激を用いて、鎮痛、筋肉増強、リラクゼーションなどを行います。
当院で取り入れている珍しい機器がプロテクノPNFです。通常の電気刺激ですと、皮膚の抵抗によりピリピリした痛みを感じ、体表面の刺激しか行えませんが、 この機器では効果的に深部の組織まで達し、筋収縮の促通、循環の改善、疼痛の緩和を図ることができます。

≪腰椎牽引≫



≪プロテクノPNF≫